『かぞくのじかん』を読む会

blog160729『かぞくのじかん』2016年夏号の特集は「スッキリ減らしてためこまない生活」。それぞれが読んで実践したことを発表しました。

玄関収納・靴箱の整理をしたのが3名。靴を全部出して並べてみると、買ったまま未使用の靴を発見したり、持ちすぎを実感。傷んだ靴、履かない靴など処分して、靴箱に靴の写真を貼って整理したり、すっきりさせた様子を報告してくれました。

リビングの棚・庶務机の整理をしたのが3名。「だわへし」(出す、分ける、減らす、しまう)をして要らないものを処分、整理して、これまたすっきり。

食器棚・食品ストックの整理をしたのが3名。賞味期限の切れた食品ストック、趣味の合わない頂きものなど発見。「使わない頂きものなどは箱ごと残してバザーなどほかの方に譲っていくようにしたい」とのこと。

blog160729_2

乾物や買い置きの調味料、調理器具の収納場所。
見通しがよくなり、奥のものも取り出しやすくなりました。

押入れ・納戸・収納部屋の整理をしたのが3名。引っ越しの際の段ボールを収納に使っていたものの、中身が見えないため買い置きなど同じ物が重複していた。中身の見える無印の収納バスケットなどに入れ替え。奥行のある押入れの下の段には、収納ケースにコロコロをつけて出し入れしやすいように工夫。

その他、写真の整理、薬箱の整理、衣類の整理などの発表ありました。

今回の集まりをきっかけに、皆それぞれにふだんから気になっているところを整理することができました。モノの持ちすぎを実感したり、使っていない頂きものをどうしたらいいか話しあったり、モノも気持ちも少しだけスッキリさせることができたかなと思います。

blog160729_1夏休みに入ったところで、大人より子どもが多いくらいの『かぞくのじかん』を読む会でした。

勉強のあとは皆でたのしい昼食タイム。すし酢を使ったビビンバ丼に、紫蘇ジュース、みかんゼリーのデザート付きの充実メニューでした。

(洛北方面宝ヶ池最寄・つ)

広告

最寄会だより~心をつなぐ手作りお弁当

blog1609_1北山最寄は最寄の勉強として5年前よりお弁当作りを続けています。その頃は最寄会に出席できないメンバーが多かったため、出席できるメンバーで全員分のお弁当を作り、欠席の方にもお届けすることにしたのです。

おかずは当日までに作って持ち寄るものと、当日皆で実習するものがあります。ある日のメニューは、こんなふう。

  • えびとぎんなんのご飯
  • 手まり麩の清汁
  • 鰆の幽閉焼き
  • きんかんの甘煮
  • 高野豆腐の印籠煮
  • 野菜の煮物
  • 春菊のごま和え

blog1609_2今後もまた、引き続き勉強します~(*^_^*)

(洛北方面北山最寄・え)

U6ひろばに参加して

blog160723_1

いただいて帰った木っ端。お風呂であれこれ工夫して遊んでます。

7月に開催されたU6ひろばに子供達と3人で参加しました。数日前「昨年4さい児グループに通った息子さんに手ぬぐい絞りの実演をお願いできますか?」とお声がかかり、張り切ってMy手ぬぐいも持参して。

ところがいざ始まってみると、他の遊びに夢中に。ブースにいたのは10分くらいでしょうか。子供は思うようにはいきません。特にたらいにお舟を浮かべるのが良かったらしく、木片を持って帰りたいと駄々をこねました。大人から見ればただの木っ端ですが、こういうものさえおもちゃになるんだ、と小さな発見です。

blog160723_2

紙で編むタペストリーは大人の手を借りて。

3歳の娘はというと、短冊で編むタペストリーに夢中。というか、娘が「次、これ。その次これ」と選んだ短冊(ピンクばかり)を、友の会の方が編んでくださいました。少々高度な工作だったので、3歳児には難しかったのですが、大人にやってもらうことで交流できたようです。今もたまに、出来上がった作品を見て「これ、友の会のおばちゃんに編んでもらったね」と。いい思い出になったようです。

(洛東方面岡崎最寄・さ)