栄養についての勉強会

619日 生活家計係、食グループを中心に、勉強会を行いました。

2015年食事摂取基準が改訂されたことにより、2016年近畿部で目安の量の見直しがされました。
その概要を再確認したあと、会員で管理栄養士のMさんに、
・栄養素のこと
・目安の量のこと
・生活習慣病予防
・年齢に合わせて など
わかりやすく丁寧に話していただきました。
日本人の平均寿命と健康寿命には約10歳以上の開きがあるそうです。
塩分は控えめ、食物繊維とカリウムをとるよう意識すること。

 

高年は 低栄養に注意!食べられるものを食べやすい形で食べましょう。 

少し小太りの方が健康的ですよ😊
健康で暮らせるように工夫していきましょう。

広告

洛南方面 生活勉強の様子

洛南方面では今年度、1学期に3回生活勉強の日を設けました。
1回目は、4月に「だしの取り方」。
かつおと昆布、煮干しと昆布、くず野菜の3種類。
それぞれのだしの取り方の机上講習を受け、味比べ。
だしを使ったおいしい料理の実習もしました。

2回目は、6月に「衣の勉強」。
きれいに着るための簡単手入れ。着替えるときのひと工夫。
汗ジミの取り方。洗濯を干す前のひと手間。
体験もしました♫

高年会員の集まりがありました

毎年6月に、近畿部で高年会員の集まりがあります。
今年は6月12、13日の2日間、奈良県橿原市に集まりました。
多くの方が元気に参加。各地からの活発な活動報告がありました。
いつまでも変わらぬ「学ぶ姿勢」には頭が下がります(#^^#)

「健康寿命を延ばそう」のテーマでは、栄養面、生活面、さまざまな角度から話し合いがなされました。
高齢であっても、謙虚な気持ち・感謝の気持ちを忘れず、ていねいな暮らしをされている、凛とした姿に憧れます♡

深草こどもの家 依頼講習に行ってきました

6月1日(金)、毎年依頼を受けている深草こどもの家で講習会を開きました。

内容は、
・小さい子どもにとって大切な “生活リズム”
・何をどれだけ食べれば良いかという “目安の量”のお話
・手早く彩りよいお弁当のお話
・大豆入り白玉団子の机上講習
をお母さま方に伝えてきました。
2回目、3回目の参加の方もいらっしゃいました。
最後は楽しい”試食タイム ♪”

参加者の感想…
「生活スタイルを見直そうというきっかけになりました」
「1日の必要量を本物の食品で提示していただいてわかりやすかった」
「毎回ご紹介頂くおかずの数々は毎日お弁当作りをしている私たちにとって
参考になりました」
「大豆入り白玉団子食感も柔らかくっておいしい」

(洛南方面・I)