生活講習 今年度最終回 お正月料理

今年度最後の生活講習が12月15日にありました。

献立の中で特にみんなが楽しみにしているのがお正月料理(おせち料理)。

お正月の祝い方は地域によって大きな違いがあり、ましてお正月料理になると一軒一軒異なります。その中で生活講習のお正月料理は好評で、毎年作り続けるうちすっかりそこのお家の一品に加わっているものが少なくありません。

献立は、基本的な形の「祝肴」「口取り」「煮物・焼物」「酢の物」を丁寧に作って、隅折れ盆に形良く彩り良く盛ります。そして「京都の雑煮椀」。

食材は特別贅沢なものを使うのではなく、できるだけ地元の特徴を生かした手に入りやすい物にひと手間かけることを大切にしています。

[献立]
<祝肴>
黒豆 - ふっくら炊いた黒豆を松葉に刺して
ごまめ(田作り) - オーブンでカラッと焼いて
<口取り>
栗きんとん - きんとんは茶巾で絞ります
みかん羹 - みかんを絞ったみかん汁を寒天で固めます
<煮物・焼物>
お煮しめ - おいしい出汁で、飾り切りした野菜をそれぞれしっかり煮含めます
梅花卵 - 海老の身をよくすり潰して丸めます
伊達巻き - 魚のすり身と卵をしっかり泡立ててオーブンで焼きます
<酢の物>
求肥昆布巻き - 小鯛の笹漬けを求肥昆布で巻いて
紅白なます
たたきごぼう - 胡麻に酢味がちょうど合います
 < 雑煮椀(白味噌仕立て)>
頭芋に金時人参と鼠大根の薄切りを添えて、大振りのお椀で。上から削り鰹をたっぷり

seikatukoshu-12gatu

[盛り付け] 漆器の扱いに気をつけて
①   すっかり冷めてから盛る。
②   油気はできるだけ避ける。(紙や葉を敷くと良い)
③   汁気はよく切る。 など

*漆器は水に漬けない。熱いお湯も避ける。
*タワシを使用せず、傷がつかない様に優しく扱う。
*洗った後はしっかり乾いてから収納する。

 彩り良くお盆に盛って、ひと足早いお正月をおいしくいただきました。