春の例会食

月にいちどの「例会」の、お楽しみのひとつは「例会食」。
今年度の最後の例会食は洛東方面が担当しました。

春の弥生のこの良き日~♩
三月ですもん。献立は、やっぱり、ちらし寿司♡

練習を重ね、準備万端整えて、当日は白の割烹着やエプロンで身を包み、きりりと調理に当たります。なにしろ限られた時間で、100食分、準備するのですから。

子連れの私は一緒に調理をすることは叶わなかったものの、当日の朝に錦糸卵を作って持参。卵10個分、30枚ちかい薄焼き卵を作るなど、もちろん初めてのこと。人さまに食べていただくとなると、緊張感倍増です。おかげさまで少しは腕があがったかも…。

それにしても、方面のみなさまがきびきびと働く姿には、見惚れました。友の会の先輩方は、こうやって訓練して、経験値を積んでいるから、料理上手。しかも手際よし、なのですね。副菜の菜の花の辛子和え、お吸い物、デザートのゼリーまで、たいへん美味でしたっ。

(洛東方面浄土寺最寄・さ)