4さい児グループ土曜クラスを終えて

4月から始まった4さい児グループ土曜クラスも、3月9日の集合日、11日の最寄会で最後となりました。

少し前のことですが、1月の最寄会では、『かぞくのじかん』2017年秋号掲載の記事を参考に、ペーパーバッグの製作をしました。
集合日に、子どもたちが新聞紙大のクラフト紙にアクリル絵の具で絵を描き、それを最寄会で母たちがバッグに仕立てました。
作る前は少し難しそう…と感じていましたが、やってみると意外と簡単。
おしゃべりをしながら手を動かす作業はとても楽しく、20〜30分ほどで、バッグが完成しました。完成したバッグをサンルームに並べてみると…まるで4さい児グループの子どもたちが整列しているような、何とも愛らしいすがたに♡
母と子が別々にした作業が一つのかたちになることで、かけがえのない子育ての時間のなかで、それぞれの母と子の心が通い合ったように思いました。

京都のパン屋さんや和菓子屋さんの包装紙で小さなバッグを作ったお母さんもいて、それぞれにステキに仕上がりました。簡単なものでも、自分の手を動かして何かを作るのは楽しい!

4さい児グループ土曜クラスに通い、この1年間、子どもにとっても母にとっても、他では得られない学びと交わりがあり、かけがえのない時間となりました。
お世話になった指導者の皆さま、友の会の皆さま、そして共に励み合った皆さま、ありがとうございました。

4gbag

(2018年度4さい児グループ M)