子育てひろば ~京都友の家

7月26日(金)、3回目の子育てひろばをしました。
参加者9名、お子さんは3名。
初めに、人参ゼリーの実習をしました♪

人参ゼリー友の会では幼児の食事を、おやつを含めて1日4回ととらえ、4回の食事で一日の必要な栄養をとるように心がけています。そのため、おやつは甘いものやスナック菓子だけでなく、野菜が入っているような手作りおやつもおすすめ。でも毎日のおやつにそんなに手間をかけられないので、簡単な人参ゼリーを紹介しました。

人参ゼリーは色がきれい!
一見、オレンジゼリーに見えます。隠し味にオレンジジュースやレモン汁を入れるので、味もオレンジゼリーに近いです。
昔は野菜臭さがあった人参。今はほとんど臭みがなく、参加者のお子さんも人参嫌いの人はいませんでした👀
お母さんが実習の間、子ども達は楽しい水遊び!

読書は『かぞくのじかん』「羽仁もと子のことば 勉強は短い時間ですますこと」。
参加者のお子さんはまだ小さいですが、お母さん自身のこと、これからのことに置き換えて、集中力の大切さ、どうすればよいかなどを話し合いました。
子育てトークでは、夏休みの過ごし方をテーマに、それぞれの悩みや工夫などを聞き合いました。
「今ほど親子でゆったりと過ごせる時期はない!」「この時間を大切にしたい!」
「でも、親子2人でずっと長い時間過ごすのがつらい時も…」
お母さんが元気でいることが一番。そのためには公的支援なども活用しましょう。
ぜひ、友の会の子育てひろばに来て、ほっと一息ついてください(^^)

最後に、できあがった人参ゼリーとスタッフおすすめのわらびもち&じゃがいもケーキを一緒に試食♡ おいしくてホッとできる、ひとときでした~(^^♪

次回は9月27日です。

洛北小学生の集まり Part2

7月15日(月・祝)10時から3時まで友の家で今年度2回目の小学生の集まりをしました。参加者は小学生7名、大人12名(お父さん2名もあり)、未就園児2名でした。

rakuhokukodomo7自己紹介の後、早速台所で、小学生は自分たちで考えたメニューでお食事作り、その間、お母さん達は「子ども自身に考えさせる」(『家庭教育篇 下』)を読書して、感想を言い合い、「子育ての話など聞き合うなど有意義な時間が持てました。
☆読書の感想
・子ども自身に考えさせるには、大人もしっかりとした考えをもたなければならない。
・関わりすぎないよう、がんばる親の背中を見せて育てていきたい。

☆今日のメニュー;鍋帽子®で白ご飯をたく、ワンタンスープ、みかん寒天

子どもたちは、壁にはったレシピを読んだ後、野菜を切ったり、ごはんの火加減を見たり、ワンタンを包んだり、味見をしたりと真剣そのもの。包丁を持つ手つきもなかなかのものです。
子ども達は何ごとにも大きな声をだすこともなく、順番にしたりしてとても仲が良く、大人は、「手をださず、口をださないよう、見守って」・・と、和やかな雰囲気で、あっという間にできあがりました!

お父さんやお母さん、妹たちとお食事。どの顔も自分たちの作ったご飯に満足そうな、うれしそうな表情でした。おかわりもして、作ったものは全部すっかりなくなりました!

rakuhokukodomo8

その後『子供読本』の「めんどう、しんぼう」を読書。「読書カード」にも書きました。司会も子ども達にしてもらい、子ども自身に考えさせることを大切にしました。
☆きょうの感想は?
・みんなでお料理ができて楽しかった
・全部おいしかった
・ご飯がおいしかった
・食べ物を作っておいしかったし、読書もできて楽しかった

♡係からの感想
子どもたちが夏休みに「お米をとぐ、鍋帽子でご飯をたく、寒天のデザートを作る」。
一緒に参加できなかった兄弟やお父さんたちと一緒ににスープを作る。
今回の調理実習から、無理なくできるおうちのお手伝いや、家族の団らんにつながる食事作りにつながればいいなと願います。
私自身、家族全員で参加でき、夫も一緒に読書、感想を話し合うことができてよかったです。
これまで以上に、友の会での働きが家族の学びにつながりそうです。