子育てひろば(友の家)              Iさん宅での「絵本文庫」

10月25日(金)の子育てひろばー今回は会員のIさん宅で「絵本文庫」をしました。
参加者11名、子どもは6名と雨の日にも関わらず、たくさんの参加がありました。

《プログラム》
・来た人から昨日の夕食時刻と就寝時刻、今朝の起床時刻と朝ごはんの時刻のシール貼り

・読書は「家人の日課」(一部)『家事家計篇』

・感想と生活リズムのこと
*1歳7ヵ月の幼児を持つお母さんから子どもの起きる時刻が早い日や遅い日があってどう対処したらよいかわからないとの質問
*子どもに振り回されている。夕食6時が理想だけど、6時台でよしとしている
*父親の帰宅時間が遅く、子どもの生活時間も遅めになる。家族間の意識が統一できないけど、生活リズムか家族のしたいことかどちらを選ぶかで迷う

・・・・・などいろいろな悩みや質問が出され、お母さん同士や先輩の経験談などを聞き合いました。

・読み聞かせ「ちびすけどっこい」
kosodate10.1部屋の中が一気に静まって、大人も子どもも絵本に引き込まれました。
すると、福ちゃんの「ふふふ」「ふふふ」という笑い声が。
お相撲の「どっこいしょ」「のこったのこった」の声が余程おもしろかったのでしょうか?
「絵本も遊び道具の一つ、一緒に読むことで一緒の時間を共有、体験も共有できる」とIさん

 

・Iさん宅の「絵本の部屋」へ行ってそれぞれがお勧めの本を選ぶ

kosodate10.2

 

 

 

・すごい数の絵本に皆圧倒され、迷いながら、
それぞれが好きな本、お勧めの本を選んで
皆の前で紹介しました

☆カラフルできれいな色彩の絵本に囲まれて、みんなとても楽しそうでした。
子どもたちもおかあさんが読んでくれる「絵本」の読み聞かせの時間が一番
幸せを感じるときではないでしょうか。
大きくなってもきっと絵本とともにその時のことを覚えてくれていることでしょう。
絵本にはそんな「魔法」の魅力がありますね。

☆次回11月29日(金)の子育てひろばはいつもの友の家で、「調理実習:サーモンパイを作る」エプロン、三角巾持参)です。 お楽しみに!たくさんの参加をお待ちしています。

9月  洛南子育てひろば

9月26日、伏見区の大手筋商店街のなかにある京都文教大学サテライトキャンパスで子育てひろばをしました。
初めての場所での子育てひろばです。参加者は大人5名でした。

読書をし、自己紹介と読書の感想からお互いの話を聞き合ってから、前日の子どもの生活時間と朝食は何を食べたかを記入してもらい、それぞれ見合いました。

その中で年少のお子様をお持ちのお母さまが、食事の段取りなどが不得手で子どもさんの食事が遅くなってしまったりするとの悩みを話されました。
それならばと本日のプログラムにあった「ごはんまだ?と待たせないための食事作り」がぴったりと野菜ペーストを使ってのポタージュスープとひと塩キャベツの展開でコールスローを紹介。先手仕事や冷凍保存などの家事のちょっとしたこつを話し合い、その後試食をしてもらいました。

地域の交流施設での初めての子育てひろばでしたが、徐々に地域の人たちに知ってもらえるように続けていきたいと思います。
次回は10月28日(月)です
保健師を30年務めた後大学で教鞭を執っている京都友の会会員が『脳のはたらきと子どもの成長』をテーマに話をしてくれます。日頃の子育ての悩みなどにも答えてもらえる場になりますのでぜひお越しください。