♪LINEで子育てひろば No.2♪

《 今回の会話 》

生活リズムについて

早寝早起きは子どもの健やかな成長のためには欠かせません。
友の会では「はやね はやおき 四回食」の生活リズムを提唱しています。
「おきる、ねる、食べる、遊ぶ」の時間が決まると、子どもの生活は自然に健康なリズムを持つようになります。それぞれのおかれた環境の中で、できるだけ早寝早起きを心掛け、毎日同じ時間で過ごすことを繰り返してみましょう。

😢最近、体力がついてきたのかお昼寝を嫌がるようになり、夕方に寝てしまって、就寝時間が遅くなることがあります。午前中はなるべく外で体を動かすようには心がけていますが、昼寝をせず、夕方変な時間に寝てしまうこともあり、リズムが狂って疲れます。

👉お子さんが成長してきているんですね~😊
お昼寝をしなくなるころには、どうしてもリズムが狂いがちです。

Aさん:午前中体を動かすのはとてもいいと思います。
お昼ご飯は帰ってすぐ食べられるように出かける前に
お弁当を作っておくのもいいですよ。

Bさん:夜は、お風呂に先に入るか
ご飯を先に食べるか、迷いますよね。

Cさん:以前はお風呂を先にしていたのだけど、
パジャマが汚れてすぐお着替えすることが多かったので
ご飯を先にしていたんですが、またお風呂を先にしてみると
就寝もスムーズにいきました!

Aさん:お子さんの様子などその時によって、
どちらがスムーズにいくか違うので難しいですね。

👉子どもは親の思う通りにはいきませんよね~。でも、その状態がいつまでも続くわけではありません。お子さんの様子をよく見て、上手くいったときはラッキー♪ぐらいの気持ちでリズムが落ち着くまで、しばらくの間がんばって💪

次回は、四回食について・・・

おすすめ読書:羽仁もと子選集『おさなごを発見せよ「自然の指示」

♪LINEで子育てひろば♪

コロナウイルス感染防止のため集まれずにいますが、これまで参加してくださった方とLINEで日々のことを話しています♪

《 今回の会話 》

子どものストレスとの向き合い方

😢 5歳になる上の子どもが、友達にも会えず、行きたいところへもいけないストレスから母や下の子どもに当たるのですが、どうすればいいでしょう?

👉 4~6歳ぐらいの子どもは、この外出自粛状態を分かっているようで理解はできていなくて、欲求を上手にコントロールすることが難しいと思います。そろそろストレスも溜まってくる頃ですよね💦みんなで話し合いました。

Aさん:幼児って年齢でできることが違うから
兄弟でもなかなか一緒に遊べないことが多いよね。
でも、どんどんできることが増えてくる大切な時期。
一緒に遊べる仲間が近くにいないとストレスが溜まるよね。
一番近いのはお母さん。
子どもと向き合ってくれる時間がほしいのかな?

Bさん:暴言を吐いたりするからショック💦
意味をよく分からずに言ってるんだと思うけど…
母に甘えているのかな…

Cさん:子どもの機嫌が悪いのは、この状況の
ストレスからくるものと受け止めてあげているところがすごい!🌟
子どもの気持ちを理解してあげようとすること、自分にゆとりがないと
なかなかできないよね~

                  Dさん:あまり神経質にならずに、子どもの
気持ちに寄り添ってあげたいね。
大好きなお母さんだから当たるんだよね。
許してくれると思ってるんだよ。
母の気持ちも素直に伝えたらどうかな?
「悲しい」とか「しんどい」とか・・・

😊子どもの成長だと思って見守ります。お兄ちゃんタイムも作っていきたいです。上の子どもと2人だけでお風呂に入ったら、とても楽しそうでした♪
こんなに子どもとゆっくり過ごせるのも今だけ。何年か先思い返した時、「あの時大変だったけど、毎日一緒に過ごせて幸せだったなぁ~」って思えるかな?

☞ 一日も早く子どもがのびのびと外で遊べるようになることを祈ります🥺
子育て中のお母さん、応援してます❣

おすすめ読書:羽仁もと子選集『おさなごを発見せよ』「母親のおちいりやすき誤り」