子育てひろば 10月 ~京都友の家

今日は雨が降っていましたが、ゆったりとした良い時間を過ごせました。
今日の読書は「子供と買い物」。
読書にちなんで子育てトークは、子どもへの金銭教育、我が家の家計、家計簿記帳のこと、他にも食事の悩み、家族のことなど話は広がりました。
親子の集まりで「家計」のことが話せるなんてめずらしいでしょ😊
自分では悩んでいても、はたから見ると微笑ましいいこともあって、いろいろな意見が聞けると気持ちもほぐれて肩の力が抜けますね。
子育てトークの次は、お楽しみの手仕事。
婦人之友5月号に載っているヨーヨーキルト作りです。
お気に入りの布持参の参加者も💓
ちくちくと静かに楽しいひとときでした。

 

次回は、11月27日(金)です。
お楽しみに♪

「アンサンブル・プリンチピ・ヴェネツィアーニ」コンサート

10月17日土曜日、あいにく冷たい雨の降る天気となりましたが、府民ホール・アルティでアンサンブル・プリンチピ・ヴェネツィアーニのコンサートを開催することができました。
コロナ禍ということで、開催するかどうか何度も委員会でも検討しましたが、「友の会として音楽家を応援し、文化を支えたい」との思いで開催を決めました。
3密を避けるために、50%の入場率(200名程度)にして、全席指定、チケットレス、来場者の名簿作成、休憩なしの80分、来場時の体温測定、マスク着用など、感染防止のための対策も十分に考え準備をして行いました。

今回のコンサートは「華麗なる初期バロックの世界」~歌と器楽によるイタリア16~17世紀の音楽~というタイトルで、400年もの前に演奏されていたという珍しい古楽器による演奏を聴くことができました。
バロックヴァイオリン、オルガン、コルネット、ドゥルツィアン、テオルボなどの古楽器の音色は深く豊かな響きがあり、透明感あるソプラノやバリトンの歌声と合わさって心地よく、バロック音楽の世界に引き込まれました。
演奏するだけでなく、演奏家と聴き手の間で「音楽の感動を共有する」というスタンスで活動されている代表の笠原雅仁さんのお話の通り、久しぶりにすばらしい音楽を聴くことで、心がねぎらわれ、感動を受けた方も多かったようです。

☆演奏の中ほどでは古楽器の説明がありました。

《テオルボ》

 

 

 

 

 

 

《コルネット》と《オルガン》

 

 


              

 

 

 

オーボエの元祖《ドゥルツィアン》

 

 

 

 

 

 

 

 

代表の笠原氏によるとコロナ禍で何ヵ月も演奏が中止になって、久しぶりの演奏会ということで、この日演奏ができたことをとても喜んでおられ、友の会としてもよい演奏会を開くことができてうれしい日となりました。

 

小P連はぐくみ委員会依頼講習

9月23日、小学校PTA連合はぐくみ委員会の依頼をうけて、出張講習をしました。
テーマは「教育費とライフプラン」・・・コロナ禍の影響で、集まりが持てない中、当日は教育委員会の方、校長先生と当番校スタッフのみが集まり、その日の動画と資料を、後日各校に配信するという工夫された企画でした。

4人の子育てをふり返る会員の話や、ライフプランの立て方の説明の中「我が家の家計の基礎費をつかんで、子どもの夢を応援できるように準備してほしい」というエールが伝われば・・・と願いました。

 

楽しいよ!~こじかぐみ~

10月5日(月) 今年度2回目のこじかぐみに3組の親子が参加してくれました

あいさつの後、ぶくぶくうがいと手洗いのやり方を習い準備OK!

リトミックに続き新聞紙遊び

新聞紙を細く折って張り合わせて『いっぽん橋』を作ったり、大きく穴を開けてみたり、ボールを作ったりと様々遊びの後は、ちぎってちぎって紙吹雪にしてみました

子どもたちの一番の盛り上がりはなんと『ちぎった新聞紙をゴミ袋に入れていく作業』 お片付けではなく純粋に楽しんでいる様子に驚きました

手を洗って皆で昼食

今日の献立は

【ツナのコロッケ 人参のドレッシング漬け すき昆布の土佐煮 ごはん 味噌汁】

こじかぐみの食事は会員が手作りしています

毎回いりこ出汁の味噌汁は子供たちに💛大人気でおかわりもします

食事の後は📚読書タイム

子どもは絵本の読み聞かせ、お母さんは読書と話し合いです

次回は来年の1月18日です

お目にかかれることを楽しみにしています

また大きくなっているんだろうなぁ (^^)

親と子のよい生活をめざして

例年6月頃に行う講習会です。 今年は9月26日(土)に、友の家にて行うことができました。 生活リズムを気をつけていると、子どもの機嫌もよく母の時間もできますよ。

野菜を摂る工夫に、少しの時間にできることをしておこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


グループトークの時間はあっという間でしたか。

参加者の感想から
「この会をきっかけに、またがんばろうと思います」
「野菜ひと手間、すぐ食べられる準備をしておく、早速実践します」
「目安の量を確認できてよかった。思ってる以上に母も子も食べています」
実体験からの言葉には重みがありますね。

またお会いしましょう。 今回の参加者は8人でした。