職業グループ 公開最寄会

11月24日(日) 職業グループが公開最寄会をしました。IMG_20191124_095802
今日は家計についての話し合い。
それぞれが今年の家計を振り返っての感想や今までの家計・生活への思いを話し合いました。
家計簿をつけて10ヵ月決算を出せた人、まだ家計簿をつけられない人、いろいろですが、家計簿をつけているからこそ先の見通しが立てられる、何にどれだけ使うべきかお金に区切りをつけられることを確認し、できるところからやってみましょう!と話し合いました。

消費税が10%になり、キャッシュレス化が進む中、目に見えないお金を家計簿でしっかり管理♪まずは食費だけでもつけてみましょう。食費だけでも家計簿をつけてみると、外食が多い・おやつが多いなど気づきがあります。

家計の話の後は、ビシソワーズの実習とお昼ご飯の準備。
献立は、特製レモンドレッシングかけサラダ、鮭ときのこのホイル焼き、焼き立てパン、ビシソワーズ。
みんなで楽しくワイワイと準備し、おいしい昼食をいただきました♫

7月 明日の友グループの様子

7月23日、猛暑のなかでしたが、明日の友グループに14名が集まりました。

体操ですっきりしてから、ゆっくりと読書と感想タイムです。
生活勉強は「たんぱく質を摂りましょう」~どんな食品にたんぱく質が多く含まれているのか、一日に何グラム必要か~について工夫なども聞き合います。当番制で作る昼食にも、25g強のたんぱく質が含まれていました。
午後は、お楽しみのコーラスがたっぷり1時間~♪
暑さを乗り切る元気をいただいて帰路につきました。

今年の昼食のテーマ「芋類」に沿って、今日のメニューは、「サツマイモを練りこんだパン、鶏胸肉の香味ソース、牛乳、コーヒーゼリー」でした。

asunotomo0723

「食生活グループによるパン作り講習会」

京都友の会の「生活グループ」のひとつ、食のことを学び合う食グループが7月14日(金)10時から14時まで、友の家でパン作りの実習講習をしました。当日の参加人数は24名と食グループの働き人16名の総勢40名でした。

気温33℃とパン焼きには絶好の日。2種類のパン生地から4種類のパンを作りました。

はじめに、卵やバターたっぷりのリッチなパン、クッペ、テーブルロール。
次に全粒粉の入ったパン生地からはフォカッチャ、レーズンロールが仕上がりました。

DSC_0465ランチは鶏むね肉と茄子を使ったイタリアンサラダとトッピングにクランベリーとミントの葉を使ったヨーグルトゼリー、すっきりした味のハーブティと紅茶で焼き立てのパンを試食しました。

 

 

DSC_0428

サプライズで手ごねの技を丁寧に教えていただき、交代で手ごねもすることができ、今回使ったパンこね機が家になくても充分ご家庭で手作りパンを楽しむことができます。

すぐにパンを焼きたいと道具を買い求める相談を受けたり、7月最寄会で伝達しますとの嬉しい声も聞きました。

友の家にパンを焼くにおいが一日中ただようパン日和でした。(食G・で)

公開「衣生活グループ」

IMG_1090

まずはレクチャー。手順や気をつけるポイントを確認します

京都友の会には「生活研究グループ」というテーマ別の勉強会があります。そのなかのひとつ、“衣”について学び合う「衣生活グループ」では、4月にお洗濯の集まりをしました。

「季節の変わり目、衣替えの時期に冬物衣類の洗濯をみんなでしましょう!」と声かけしました。衣生活グループのメンバー7人のほかに、6人の会員が参加。

ほとんどの人がダウンジャケットの洗濯を希望しました。まずは机上講習。そのあと3つのグループに分かれて実習です。みんなと一緒に手を動かして、あれこれと意見交換をしながら取り組みました。手がたくさんある分、手早くきれいに洗えました。

IMG_1099

さっぱりきれいに洗いあがりました

ダウンジャケットの洗濯は、経済的なだけでなく、汚れを確認しながら洗っていくのでさっぱりときれいに仕上がります。クリーニングに出すよりお勧めです。

参加した会員からは「今までクリーニングに出していたけど、こんなに簡単に手洗いできるなんて驚き!」「一着づつ丁寧に手洗いすることで衣服を大切に着ること、手入れすることの素晴らしさにあらためて気づかされた」などの感想が寄せられました。

明日の友グループ ―新年の集まりから―

京都友の会ではいろいろなグループが活動しています。
65才以上の会員が月1回元気に集う「明日の友グループ」では、いつも皆で昼食を作ります。

一月は「京風のお雑煮」を作りました。大きい雑煮椀にゆでた丸餅、「人の頭になるように」との願いを込めた頭芋、「人となりも円くなるように」と丸く輪切りにした大根、人参、青菜を盛り、白味噌のおつゆを注ぎ、糸かつおを天盛りにします。

あたたかい希いのこもったお雑煮を皆で楽しくいただきました。

img_0981

レシピは全国友の会50周年記念『伝えてゆきたい家庭の郷土料理』から。

img_0984

京風のお雑煮をいただいて、ともに新年を祝います