「食生活グループによるパン作り講習会」

京都友の会の「生活グループ」のひとつ、食のことを学び合う食グループが7月14日(金)10時から14時まで、友の家でパン作りの実習講習をしました。当日の参加人数は24名と食グループの働き人16名の総勢40名でした。

気温33℃とパン焼きには絶好の日。2種類のパン生地から4種類のパンを作りました。

はじめに、卵やバターたっぷりのリッチなパン、クッペ、テーブルロール。
次に全粒粉の入ったパン生地からはフォカッチャ、レーズンロールが仕上がりました。

DSC_0465ランチは鶏むね肉と茄子を使ったイタリアンサラダとトッピングにクランベリーとミントの葉を使ったヨーグルトゼリー、すっきりした味のハーブティと紅茶で焼き立てのパンを試食しました。

 

 

DSC_0428

サプライズで手ごねの技を丁寧に教えていただき、交代で手ごねもすることができ、今回使ったパンこね機が家になくても充分ご家庭で手作りパンを楽しむことができます。

すぐにパンを焼きたいと道具を買い求める相談を受けたり、7月最寄会で伝達しますとの嬉しい声も聞きました。

友の家にパンを焼くにおいが一日中ただようパン日和でした。(食G・で)

広告

公開「衣生活グループ」

IMG_1090

まずはレクチャー。手順や気をつけるポイントを確認します

京都友の会には「生活研究グループ」というテーマ別の勉強会があります。そのなかのひとつ、“衣”について学び合う「衣生活グループ」では、4月にお洗濯の集まりをしました。

「季節の変わり目、衣替えの時期に冬物衣類の洗濯をみんなでしましょう!」と声かけしました。衣生活グループのメンバー7人のほかに、6人の会員が参加。

ほとんどの人がダウンジャケットの洗濯を希望しました。まずは机上講習。そのあと3つのグループに分かれて実習です。みんなと一緒に手を動かして、あれこれと意見交換をしながら取り組みました。手がたくさんある分、手早くきれいに洗えました。

IMG_1099

さっぱりきれいに洗いあがりました

ダウンジャケットの洗濯は、経済的なだけでなく、汚れを確認しながら洗っていくのでさっぱりときれいに仕上がります。クリーニングに出すよりお勧めです。

参加した会員からは「今までクリーニングに出していたけど、こんなに簡単に手洗いできるなんて驚き!」「一着づつ丁寧に手洗いすることで衣服を大切に着ること、手入れすることの素晴らしさにあらためて気づかされた」などの感想が寄せられました。

明日の友グループ ―新年の集まりから―

京都友の会ではいろいろなグループが活動しています。
65才以上の会員が月1回元気に集う「明日の友グループ」では、いつも皆で昼食を作ります。

一月は「京風のお雑煮」を作りました。大きい雑煮椀にゆでた丸餅、「人の頭になるように」との願いを込めた頭芋、「人となりも円くなるように」と丸く輪切りにした大根、人参、青菜を盛り、白味噌のおつゆを注ぎ、糸かつおを天盛りにします。

あたたかい希いのこもったお雑煮を皆で楽しくいただきました。

img_0981

レシピは全国友の会50周年記念『伝えてゆきたい家庭の郷土料理』から。

img_0984

京風のお雑煮をいただいて、ともに新年を祝います

『かぞくのじかん』を読む会

blog160729『かぞくのじかん』2016年夏号の特集は「スッキリ減らしてためこまない生活」。それぞれが読んで実践したことを発表しました。

玄関収納・靴箱の整理をしたのが3名。靴を全部出して並べてみると、買ったまま未使用の靴を発見したり、持ちすぎを実感。傷んだ靴、履かない靴など処分して、靴箱に靴の写真を貼って整理したり、すっきりさせた様子を報告してくれました。

リビングの棚・庶務机の整理をしたのが3名。「だわへし」(出す、分ける、減らす、しまう)をして要らないものを処分、整理して、これまたすっきり。

食器棚・食品ストックの整理をしたのが3名。賞味期限の切れた食品ストック、趣味の合わない頂きものなど発見。「使わない頂きものなどは箱ごと残してバザーなどほかの方に譲っていくようにしたい」とのこと。

blog160729_2

乾物や買い置きの調味料、調理器具の収納場所。
見通しがよくなり、奥のものも取り出しやすくなりました。

押入れ・納戸・収納部屋の整理をしたのが3名。引っ越しの際の段ボールを収納に使っていたものの、中身が見えないため買い置きなど同じ物が重複していた。中身の見える無印の収納バスケットなどに入れ替え。奥行のある押入れの下の段には、収納ケースにコロコロをつけて出し入れしやすいように工夫。

その他、写真の整理、薬箱の整理、衣類の整理などの発表ありました。

今回の集まりをきっかけに、皆それぞれにふだんから気になっているところを整理することができました。モノの持ちすぎを実感したり、使っていない頂きものをどうしたらいいか話しあったり、モノも気持ちも少しだけスッキリさせることができたかなと思います。

blog160729_1夏休みに入ったところで、大人より子どもが多いくらいの『かぞくのじかん』を読む会でした。

勉強のあとは皆でたのしい昼食タイム。すし酢を使ったビビンバ丼に、紫蘇ジュース、みかんゼリーのデザート付きの充実メニューでした。

(洛北方面宝ヶ池最寄・つ)