傘寿のお祝い膳

スライドショーには JavaScript が必要です。

去る9月7日の例会では、今年度80才になる会員の傘寿のお祝いの時を持ちました。
例会後、有志による心づくしの昼食を皆で頂きました。写真は、傘寿のお祝いの方に整えた「折り敷き」のお食事です。献立は、黒米御飯、鶏肉の香りロースト白髪葱載せ、お煮染め、鹿ヶ谷テリーヌ、香の物、お吸い物、デザート 紅白羹 です。

黒米御飯は、100人分のお赤飯作りはハードルが高いので、白米にもち黒米を混ぜると、炊きあがりがお赤飯と遜色ない色になるので、2013年度の西山方面の献立から採用しました。

お煮染めは、生活講習で実習するお正月料理からヒントをもらいました。

鶏肉の香りローストは、婦人之友社刊「中国菜 前田侑子の料理ノート」から、食グループで勉強している会員の助言で、白髪葱を添えるとお弁当のおかずに多用されるものが、主菜になりました。

鹿ヶ谷テリーヌは、同じく友社発行の『三陸わかめと昆布 浜とまちのレシピ80』(第4回 料理レシピ本大賞 in Japan 料理部門・DNP賞を受賞の本)の中の海藻テリーヌから、生活講習講師がより食べやすいようにしました。

香の物は、胡瓜の焼酎漬けで、胡瓜の緑色が色あせず好評でした。

お吸い物は、吸い口は会員の畑で採れたみょうがです。

紅白羹の赤色は、会員の畑で採れた赤紫蘇を、最寄勉強でジュースにしたものを寒天で固め、牛乳寒天との二色で紅白として、御祝いの気持を表しました。

惜しむらくは、黒米御飯は、折り敷きの左下(紅白羹が置いてある位置)に置いた方が食べやすかったと思います。

思いのほか、味も彩りも好評で、働き人もよい勉強の機会となり感謝です。
(洛北方面・Y)

広告