きりんぐみ(4さい児グループ)

長年続いてきた京都友の会4さい児グループの教育を引き継ぎ、幼稚園、保育園に通いながら月に1回土曜日に京都友の家に集まる「きりんぐみ」がスタートします。

きりんぐみは、雑誌『婦人之友』を創刊し、自由学園を創設した羽仁もと子の「よく教育するとは、よく生活させること」との考えに基づき、京都友の会を母体に運営される、満3歳、満4歳を対象にした一年間の集まりです。
幼稚園や保育園に通いながら、同じ年のお友だちと一緒に過ごす月一回土曜日の集まりと、毎日の家庭生活を通し、基本的な生活習慣を身につけていくことで、心と身体のひとり立ちの基礎を作る場、親子で成長していく場となることを願っています。
自分のことを自分でできるように、その子らしさを大事にする集まりです。

募集要項 きりんぐみ

  きりんぐみは3才から4才(年少、年中相当年令)の集まりです。月に一度土曜日に友の家に集まります。 自分のことを自分でできるように、その子らしさを大事にする集まりです。歌いながら体を動かしたり、工作したり土を身近に感じ … 続きを読む 募集要項 きりんぐみ

生活講習と励み表

ここでの「生活講習」とは、手洗いやうがいをはじめとする、幼児期に身につけておきたい25の生活習慣を学んでいくこと指します。一回の集合日に1〜2の生活習慣について、皆で励みます。指導者はそれを教え込むのではなく、子どもたち … 続きを読む 生活講習と励み表

音楽・美術・体操

4さい児グループには、音楽や美術、体操の時間があります。設立当初から音楽や美術の専門家を招き指導を仰いでいた自由学園の影響もあり、4さい児グループもまた、芸術教育に力を入れています。 例えば、美術においては特定の手法を教 … 続きを読む 音楽・美術・体操

お母さまの学び

4さい児グループでは、子どもだけでなくお母さま自身も、子育てや衣食住にまつわる学びを深めていく機会を持ちます。 羽仁もと子は、選集『おさなごを発見せよ』等、家庭教育についての随筆の数々において「幼児教育の要は母親自身の在 … 続きを読む お母さまの学び

お母さまの感想

4さい児グループにお子さんを通わせられたお母さまがたの感想を紹介します。 保育園とは違う視点で、子どもの生活を考える良い機会となりました。バタバタした生活の中で、ふと立ち止まり、その子だけと向き合うじかんができました。 … 続きを読む お母さまの感想