3月11日(土)おさなご発見U6ひろば

まだ空気は冷たいものの、うららかな陽射しの差し込む3月11日。京都友の家には子どもとお母さんがたくさん集いました。

1階にはたくさんの子どものコーナー・・・絵本の読み聞かせ、毛糸でつくるリリアン編み、新聞で防災スリッパとコップ作り、など。
2階ではお母さんのためのミニ講習・・・「衣服のかんたん手入れ」と「四回食と幼児の目安の量」、おやつ作りの机上講習も行いました。

お昼にはたくさんの机に“四回食レストラン”と称した子どものためのランチ、大人のための“友の会ランチ”、また持参されたお弁当が並び、みんなで一緒に「いただきま~す!」

午後は親子で楽しむミニコンサート~ピアノ・ヴァイオリン・クラリネットのアンサンブルに、子どもも大人も聴き入って、最後は6年前に思いをはせて「花は咲く」を歌いました。

たくさんの子どもとお母さんの笑顔が友の家にあふれ、ほのぼのとした時が流れました。

3月11日(土)おさなご発見U6ひろば~準備進行中!

3月11日(土)10~13時に京都友の家で「おさなご発見U6ひろば」があります。

「若い家庭に伝えたいこと」をテーマに、ミニ講習、子どもの遊びのコーナー、ミニコンサート、四回食レストラン、販売コーナー・・・と友の家ぜ~んぶを使う盛りだくさんの親子イベントです。

子どものための「四回食レストラン」を担当する西山方面でも準備が進んでいます。
メニューは当日のおたのしみ!

dsc_0005

子どもたちがおいしそうに食べる姿を想像しながら楽しく練習。なかなかおいしくできました(^:^)

1人でも多くのみなさんのご来場をお待ちしています。幼児さんはもちろん、小学生のみんなも、ぜひお越しください。

U6ひろばに参加して

blog160723_1

いただいて帰った木っ端。お風呂であれこれ工夫して遊んでます。

7月に開催されたU6ひろばに子供達と3人で参加しました。数日前「昨年4さい児グループに通った息子さんに手ぬぐい絞りの実演をお願いできますか?」とお声がかかり、張り切ってMy手ぬぐいも持参して。

ところがいざ始まってみると、他の遊びに夢中に。ブースにいたのは10分くらいでしょうか。子供は思うようにはいきません。特にたらいにお舟を浮かべるのが良かったらしく、木片を持って帰りたいと駄々をこねました。大人から見ればただの木っ端ですが、こういうものさえおもちゃになるんだ、と小さな発見です。

blog160723_2

紙で編むタペストリーは大人の手を借りて。

3歳の娘はというと、短冊で編むタペストリーに夢中。というか、娘が「次、これ。その次これ」と選んだ短冊(ピンクばかり)を、友の会の方が編んでくださいました。少々高度な工作だったので、3歳児には難しかったのですが、大人にやってもらうことで交流できたようです。今もたまに、出来上がった作品を見て「これ、友の会のおばちゃんに編んでもらったね」と。いい思い出になったようです。

(洛東方面岡崎最寄・さ)